新人教育制度

研修制度

新人研修

制御系のソフトウェア開発を主とした会社であるため、C・C++に比重を置き、実践的な研修制度を設けています。

Windowsでのプログラミングはもちろん、保有しているUNIXワークステーションでのプログラミング、またLinuxによるドライバーシミュレーターソフト作成など、多彩な学習内容を実施しています。

当社の新人に対し、取引先から高い評価を頂いています。

制度目的

  1. 基本を身に付けた情報処理技術者の育成
  2. 実践的な技術を習得した即戦力となるエンジニアの育成
  3. 自分の技術に自信を持つエンジニアの育成

社会人教育

  • ビジネススキル教育
  • 安全衛生教育
  • 情報保護教育

技術系教育

  • ハードウェア基礎学習
  • プログラミング基礎学習
  • C言語文法基礎・応用
  • UNIX OSでのC言語によるプログラミング
  • WindowsでのC・C++言語によるプログラミング
  • WindowsでのC#、Java言語によるプログラミング
  • LinuxでのJava言語によるプログラミング

自己啓発支援制度

当社は経営理念として「高い技術力と品質」を掲げ、技術力を評価される会社になることを目標にしています。

そのためには「社員一人ひとりが、絶えず高い技術力を持つことを目指す」ことが重要です。

経営理念実現のための社員の努力を支援することとし、その一環として「資格取得、自己啓発支援制度」を制定しています。

国家資格取得手当・祝金

基本情報技術者、応用情報技術者などを対象とし、情報処理技術者試験受験支援を行っています。

受験費用の補助のほか、資格取得時に資格手当(月額)と合格祝金(一時金)を支給しています。

民間資格取得祝金

Java認定、OMG認定、LPI技術認定、TOEICなどを対象とします。

資格取得時に合格祝金を支給しています。

教育講座受講勧奨

会社が紹介・受講勧奨をしたすべての講座と、各自が独自に受講を希望する講座を対象に、履修修了者(履修修了証書受領者)には受講料一部または全部を会社負担し、研修にかかった時間は勤務時間として扱います。